ホウライショウ(鳳莱蕉)



「ホウライショウ(鳳莱蕉)」


温室からです。

花は小さくて目立ちません。



同じ科の「 ミズバショウ」・「 ザゼンソウ」・「 オオベニウチワ」・

スパシフィルム」・「 カラー」はこちらから。


仏炎苞(ぶつえんほう)の色・形の違いをお楽しみください。





ホウライショウ画像1

2010.08.24 「東京都薬用植物園」

ホウライショウ画像2

2010.08.24 「東京都薬用植物園」



ホウライショウ画像1

2010.09.09 「東京都薬用植物園」

ホウライショウ画像2

2010.09.09 「東京都薬用植物園」



ホウライショウ画像1

2010.09.04 「東京都薬用植物園」



ホウライショウ画像3

2010.08.29 「東京都薬用植物園」
果実

ホウライショウ画像4

2010.08.29 「東京都薬用植物園」





【ネット検索から】

『 サトイモ科 : モンステラ属。
学名:「 Monstera deliciosa 」。
別名は「モンステラ」。
メキシコから中央アメリカが原産の常緑多年草です。
蔓性で茎からでた気根によって、
他の樹木などによじ登ります。
葉は大きな心卵形ですが、
成長すると側脈の間が羽状に
切れ込んだり穴があいたりします。
クリーム色の仏炎苞に包まれた
肉穂花序に目立たない花を咲かせます。
果実は熟すとパイナップルに似た
芳香があり、食用になります。 』





「季節の花・日常」に戻る 「花一覧」に戻る
inserted by FC2 system