フサザクラ(房桜)



「フサザクラ(房桜)」


残念ながら、葉っぱだけの掲載です。

花は何年経ったら咲くのでしょうか?

「サクラ」と付いていますが、桜の仲間ではありません。

カメバヒキオコシ」の葉っぱに似ています。



ようやく花が咲きました。

日向に植え替えた効果でしょうか。





フサザクラ画像1

2011.05.12 「東京都薬用植物園」

フサザクラ画像2

2011.05.12 「東京都薬用植物園」



フサザクラ画像1

2017.03.19 「東京都薬用植物園」



フサザクラ画像1

2017.03.19 「東京都薬用植物園」





【ネット検索から】

『 フサザクラ科 :フサザクラ属 。
学名:「 Euptelea polyandra 」。
高さ15mほどになる落葉高木で日本固有種。
湿気の多い谷沿いや、渓流沿いに多く生える。
葉は互生し、葉身は広卵形。
先は急に尾状に尖り、
縁には不揃いの粗い鋸歯ががある。
この鋸歯の不揃い具合が、
フサザクラの特徴である。

雌雄同株、両性花で、
3〜4月に葉に先駆けて咲く。
花弁も萼も無く、暗紅色の葯をつける
雄しべが10本以上垂れ下がる。
雌しべはゴルフのクラブ状で雄しべより短く、
雄しべの根元に多数ある。
果実は長い柄があり、扁平な翼を持つ。
秋に熟すと黄褐色となり、風に飛ばされる。

同様に、花弁の無い花には、
カツラ(「 シダレカツラ」参照)や
ヤマグルマがある。
原始的な被子植物で、
古代植物の一つと言われている。 』




「季節の花・日常」に戻る 「花一覧」に戻る
inserted by FC2 system