since 2009.09.04 by takun243

マイ音楽4




21.その他


「その他」では主に小品を紹介しますね。


☆  目次  ☆

◇ ラフマニノフの「ヴォカリーゼ」
◇ エルガーの「愛の挨拶」
◇ ブルッフの「ヴァイオリン協奏曲」
◇ ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」
◇ ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」
◇ ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」
◇ シューマンの「トロイメライ」
◇  MISIA の「約束の翼」
◇ ドビュッシー の「アラベスク」第1番
◇ ドビュッシー の「前奏曲集」から「亜麻色の髪の乙女」
◇ シューマンの「幻想小曲集」作品12から
◇ ヴィターリの「シャコンヌ」
◇ エルガーの「威風堂々」第1番
◇ マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーニ」間奏曲
◇ グリーグの「ヴァイオリンソナタ」第3番から
◇ 韓国映画「過速スキャンダル」から


マイ音楽の目次に戻る




先ずは、他のブログでも紹介した、

☆ ラフマニノフの「ヴォカリーゼ」 ☆

「のだめ」の7話で出てきました。
韓国ドラマ「強敵たち」にも流れます。

ヴォカリーゼは母音で歌う。
スキャットは子音で歌う。

ヴォカリーゼの「ヴォカリーゼ」。
ブログの知人が大ファンの「キリ・テ・カナワ」で。




ヴァイオリンの「ヴォカリーゼ」。
どうやら、12歳なんだって。
めっちゃ上手!




「21.その他」の目次に戻る





トリオで、

☆ エルガーの「愛の挨拶」 ☆

観客の雑音がかなり入っていますが、まあ愛嬌ということで。




「21.その他」の目次に戻る





サラ・チャン演奏で、

☆ ブルッフの「ヴァイオリン協奏曲」 ☆




「21.その他」の目次に戻る





小品ではありませんが、

☆ ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」 ☆



ちょっと重たかったかな。
本来オーケストラなんですが、ピアノデュオで。
テンポも速めで好感がもてます。



「21.その他」の目次に戻る





軽く、

☆ ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」 ☆

オーケストラと
次のリヒテルのピアノと聴き比べるのも面白いですよ。






「21.その他」の目次に戻る





毛色を変えて、アメリカから

☆ ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」 ☆

65年前の映画「アメリカ交響楽」より。
「のだめ」のエンディングテーマでしたね。




「21.その他」の目次に戻る





韓国映画の名作「私の小さなピアニスト」から

☆ 「トロイメライ」 ☆

感動のエンディングに流れます。
シューマンの「子供の情景」の中の1曲です。
なお、韓国題名は「ホロヴィッツのために」なので、
晩年のホロヴィッツの演奏で。




「21.その他」の目次に戻る





日本映画「ボクの彼女はサイボーグ」のテーマソングになっている

☆ MISIA の「約束の翼」 ☆

いい歌ですねえ!

でも、「MISIA」って誰だか知らないんですが。




「21.その他」の目次に戻る





ドビュッシーの曲がなかったので

☆ ドビュッシー の「アラベスク」から第1番 ☆

全体的に調和がとれていて好感がもてます。
ブラーバ!




「21.その他」の目次に戻る





続けて、「島谷ひとみ」ではなく、

☆ ドビュッシー の「前奏曲集」から「亜麻色の髪の乙女」 ☆






やはり、聴きましょうか!

☆ 「島谷ひとみ」の「亜麻色の髪の乙女」 ☆

合成、かつ中国語(?)の歌詞付きで。




「21.その他」の目次に戻る





抜粋で、

☆ シューマンの「幻想小曲集」作品12から ☆
1.「夕べに」と 2.「飛翔」を続けて

妹の高校1年の練習曲だったので、1ヶ月毎日聴いていました。
私も1年間で随分たくさんの曲を聴かされ、覚えてしまいました。
浪人時代は、毎日が生演奏とFMの2本立て。
今思えば、すごい贅沢な時間でしたね。

再び、リヒテルの演奏で。




「21.その他」の目次に戻る





名曲中の名曲を

☆ ヴィターリの「シャコンヌ」 ☆

You Tube は、いいですねえ。
今、演奏会って最低でも5000円くらいかな。
馬鹿みたいになると5万はします。
ところが、演奏家も生身の人間。
体調が100%万全とは言えません。
感激できる演奏に出会えるかは、運次第。
何回も聴いている演奏家なら、
こんな時もあるんだ、って納得できるけどね。

その点、You Tube は無料!

演奏も、チョー有名人から素人まで様々。
曲も名曲100選くらいなら十分揃っています。
動画つきなら、まさに「かぶりつき」の場所。
若干、音質が悪いのは我慢我慢。

サワリを十分楽しんだら、会場に出かけましょう。
なお、会場によって音響効果が違いますから、
同じ演奏家で同じ曲でも、別会場なら再度聴くってのもありです。
演奏家も成長してるしね。

で、またまたサラ・チャンの演奏。
「かぶりつき」の画像で、テクニックを楽しんでね。

その前に、もう一つ。
独奏でない場合、必ず相方がいます。
この場合はピアノ。
野球のバッテリーと同じで、
いくら投手が160km出しても捕手が捕れなければ話になりません。
と言うことで、伴奏のピアニストも凄いんですよ。




「21.その他」の目次に戻る





朝のテレビで見たので、

☆ エルガーの「威風堂々」第1番 ☆

解説の字幕で、「イギリスの第二の国歌」とありました。

名曲に国境なしだから、エルガーが英国人なんて知りませんでした。

国歌となると、やはり自衛隊の吹奏楽団ですね。




「21.その他」の目次に戻る





韓国ドラマ「黄金の新婦」に出てきた

☆ マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーニ」間奏曲 ☆

オペラの序曲・間奏曲は名曲が多いんです。

オペラの指揮では有名なムーティのライブから。




「21.その他」の目次に戻る





「のだめカンタービレ」最終楽章前篇から

☆ グリーグの「ヴァイオリンソナタ」第3番2楽章 ☆

初めて聴きました。

素敵な曲です。

「のだめカンタービレ」のスライドショーは著作権でカットされていました。

で、他のビデオで。




「21.その他」の目次に戻る





大好きなチャ・テヒョンさんを

☆ 韓国映画「過速スキャンダル」から ☆

パク・ポヨンさんのソロのビデオも素敵なのですが、

テヒョンさんがベースを弾いているビデオを。

ソロのビデオは終了画面で3分2秒の画面をクリックしてください。

本当にメッチャ素敵ですよ!




「21.その他」の目次に戻る





HOMEに戻る 目次に戻る
inserted by FC2 system